読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I have bad teste in music

わかりやすい音楽しか聞けない

2014年リリースの良かったEDM周辺リリース

 タイトルの通り、良かったアルバムをピックアップ。
ハリスおじさんもゲッタおじさんも買ったけれども、ここには挙げられない。
(大御所が、あんなもんだと、この流行りのシーンってもう先が見えてるのかなと思わなくもないですががが)

Gorgon City - Sirens

2014年の4つ打ち系だとやっぱりこれが一番かな?Gorgon Ciryのデビュー作。
自分はitunes Festivalで最初に彼らを知りました。
本作HMVでも比較的押されていましたね。

この手のジャンルはよくわかりませんが、Deep Houseだとか、Garage Houseだとかそこら辺というのでしょう。
アルバムの大半がBPM128周辺のベース大きめな4つ打ちの曲で占められています。

このアルバムの良い所は、リズムとベースが極めて心地よくできていることであります。
それ以上はあまりないといえばないのだけれども、それが凄いのですよね。
(ベースの音とかは、比較的新しいタイプですかね??)

ガリガリ耳に印象を残す音ではないので、刺激を好む人は「う〜ん?」と思うかもしれませんが、これは良いものと思います。


Gorgon City - Ready For Your Love ft. MNEK - YouTube

Sirens

Sirens

 

 knife party - Abandon Ship

pendulumは前々から知ってたけれども、この名前を明確に認知したのは本作のリリース後です。

このユニットは、初期はBrostep方面だったようですが(聞いてないので知らない)、本作は、この手の分野の要素を色々と混ぜた感じになっていますね。

Brostep(complectro)系はもちろん、Deep Houseみたいな音もあるし、ディスコ見たいなのもあるし。引き出しが多くて凄いですね。

今作が、良いのは、リズムの組み方へのこだわりというのを強く感じることころです。
細かく色々鳴っているのですが、それが全部意味を持っていてしかも新規的に聞こえる。
(Gorgon Cityは、逆で、少ない数で心地良く組まれている)

 


Knife Party 'EDM Trend Machine' - YouTube

アバンダン・シップ

アバンダン・シップ

 

 


SBTRKT - TEMPORARY VIEW (ft. Sampha) - YouTube

 - Wonder Where We Land

とにかく、色々とチャレンジしていて面白いから聞くべし。というアルバム。
心地よいアルバムというわけでない。
チャレンジが分かる人がそれを楽しむアルバムかと思う。

 


SBTRKT - NEW DORP. NEW YORK. ft. Ezra Koenig ...

Wonder Where We Land

Wonder Where We Land

 

Steve Aoki - Neon Future 1

ゲッタおじさん、ハリスおじさん系というか、流行のEDMの文字列で認知されるような音(シンセの大きいもの)の中では、本作が一番良かった。
(afro jackとかtiestoとかも買った。)

どこが良いかと言ったら、特にはないけれども、ちゃんと攻撃的であることでしょうか。
ゲッタおじさんハリスおじさんとか、どうも当たり障りない音になってて、ね。


Steve Aoki, Chris Lake & Tujamo feat. Kid Ink ...


Steve Aoki feat. Waka Flocka Flame - Rage The ...


Steve Aoki feat. Machine Gun Kelly - Free the ...

Neon Future I

Neon Future I